シェアハウスはかなり安い!賃貸よりいくら安くなるかをご紹介

こんにちは、スタッフのダイゴです。

「シェアハウスって安いっていうけど本当に安いの?」
「家賃以外にもいろいろお金がかかるんじゃないの?」

というようにシェアハウスに興味があるけれど、料金面で不安を感じている方は多いと思い ます。

そんなあなたに、シェアハウスに住んでいる私が、どのくらい安くなるのかを実際にかかる金額を示しながらご紹介していきます。

シェアハウスってそもそもなに?

シェアハウスがどのくらい安いかについて説明するまえに、シェアハウスがどのような形態なのかをご説明します。

シェアハウスというのは、自分のお部屋以外を住民全員で共有することで家賃を抑える形態のことです。具体的には、キッチン、風呂、トイレ、リビング、洗面所が共用になります。

複数人で設備を使うので自分の使いタイミングで使えないこともありますが、その分、広くてきれ な物件に住むことができます。

また、知らない人と出会いたくさんの思い出ができるのもシェアハウスならではです。 それでは、シェアハウスのお金がかからないポイントを3つに分けてご紹介します。

1つ目、初期費用が圧倒的に安い。

まず、入居にかかる費用が圧倒的に安いです。

賃貸では、初期費用で20~30万ほどが当たり前のようにかかります。初月家賃、鍵交換代、クリ ーニング費用、火災保険などなど、明細が契約書にズラーと並びます。初めて賃貸契約したときは だれしも驚くでしょう。

私は、めっちゃくちゃ驚きました。「えっ!普通に住むだけでこんなにかかるの!?」って一瞬、時間が止まりました笑

30万って月2万円の貯金なら 15 か月分、月5万円の貯金でも半年分です。旅行にも行けるし、ず っとほしかったあのバッグも買えます。

そう考えると、入居するだけで30万円ってかなりの負担ですよね。

しかし、シェアハウスではそれが10分の 1 以下に抑えられます。

ほとんどの物件が、初期費用を高くても3万円以内に設定しています(港区の駅近とかは別)。一つの物件を大人数でシェアするので一人一人にかかる費用が少なくなっているのです。

3万円なら口座から引き出しても、残高が減りすぎて精神的ダメージを受けることもありません。

初期費用が0円のところもあります。私が住んでいるシェアハウスがそうです。

初期費用が無料なので、完全に家賃だけで住めます。最高です。ホント安い。

2つ目、引っ越しにかかる費用が安い

さて、契約の次は引っ越しですね。

賃貸の場合だと、自分の荷物を束でもらった段ボールにつめて、山をつくり、業者さんにお願いして 運んでもらうことになるでしょう。業者さんと連絡をとるのも、一つ一つ段ボールに詰めるのも疲れる し、時間がかかる。なによりお金がかかる。

一時期、「引っ越し代として100 万を請求された!」みたいなニュースがありましたよね。そこまでかいかなくとも業者さんに頼むとお金がかかります。

もしくは、新たに一人暮らしを始める場合もあるでしょう。その場合は、家電量販店に行ってスタッフさんを連れて、何時間もかけて家具家電を一式そろえることになります。冷蔵庫、洗濯機、ベッド、 テレビ、電子レンジ、炊飯器、ポット、トースターなどなど。

必要なものを買っていったら 20万円くらいにはなってしまうでしょう。これまた大きな出費です。 しかし、シェアハウスなら引っ越しにもお金がかかりません。 基本的な家具家電は備えつけられていますし、布団もあるので、自分の物を業者さんにお願いして運ばなくいいし、新たに購入する必要もありません。 キャリーバッグ一つで引っ越しできるので、かかるのは交通費だけです。

通帳の預金残高とにらめっこする必要はありません。念のため、スイカのチャージ金額だけ確認しておきましょう。それだけで十分です。

3つ目、家賃も安い

契約が完了し、引っ越しも終わったらあとは家賃ですね。

シェアハウスは、家賃も安いです。シェアハウスでは、キッチンやお風呂などを共有して使うので、 その分、設備にお金がかかりません。また、賃貸よりも大人数で住むので一人一人の負担が小さく なります。

そのため、家賃が周辺の物件よりかなり安くなっています。目安としては、周辺の物件の相場の20 ~30%ほど安く住むことができます。住みたい地域で物件を探したら家賃が高くて諦めたという人はシェアハウスを探してみてもいいかもしれません。

さらに、水道代、電気代、ガス代、Wi-Fi 代も家賃の中に含まれているので本当に安くなっています。それぞれと契約する必要もありませんし、光回線の違約金の心配もありません。 (光熱費や消耗品費などが、家賃とは別で共益費としてかかるところもあります。)

また、シェアハウスは都心や駅近にある場合が多いです。相場の20~30%安く、アクセスがよくて 便利なところに住めるのはシェアハウスだけです。

まとめ

いかがでしょうか。

シェアハウスがどれだけ安いかお分かりいただけたかと思います。 もう一度見てみますと、

普通の賃貸は、初期費用30万円、引っ越し費用20万円、家賃が相場。

シェアハウスは、初期費用0円、引っ越し費用は交通費だけ、家賃は2分の1から3分の1。

※私が住んでいるシェアハウスの場合

賃貸だと、数十万円も損してしまうわけです。シェアハウスならその数十万円を自分のために使うことができます。大家さんや業者さんにお金を払うか、自分のためにお金を使うか、あなたはどちらがいいですか。

このようにシェアハウスだと、かかるお金が圧倒的に安いので、

「お金がないけど上京したい!」
「貯金はないけど都心に引っ越したい…」
「家賃が高くなるのはイヤだけどもっと駅近に住みたい」

という方にオススメです。

関連記事

  1. 初めての一人暮らしにはシェアハウスがオススメ!シェアハウスに住む6つのメリット

  2. 大阪のシェアハウスで新生活!家賃が安いおすすめ物件を大紹介!

  3. 大阪のおすすめシェアハウス30選[2022年最新版]

  4. シェアハウスの特徴や具体的なルールについて

  5. 大阪でおすすめの女性専用シェアハウス4選

  6. 鶴橋のシェアハウスに住みたい!鶴橋の魅力とおすすめ物件を紹介!