シェアハウスの初期費用を徹底解説!

今回は、シェアハウスに入居する場合にかかる全費用をご紹介します。

シェアハウスに興味があるけれど、

  • お金がいくらかかるの?
  • 初期費用は?
  • 敷金・礼金は?
  • 退去費用は?

この辺りのシェアハウスの入居に発生する費用、大切な「お金の話」について解説したいと思います。

実際に私が入居の際にかかったお金のことなので、参考にしてください。

入居時、入居中、退去時の三つのタイミングに分けてご紹介しますね。

初期費用について

結論からいうと、私の場合は初期費用は0円でした。「初月家賃しか発生しない」ということです。とてもお財布にやさしく助かりました。

通常、賃貸の場合は、

  • 敷金・礼金
  • 鍵交換費用
  • 保証料

などでどれだけ安くても15万円〜20万円は発生します。痛いですよね…。私のシェアハウスの場合はそれが「0円」でした(※YES!シェアハウスに掲載の多くのシェアハウスが0円です)。

なので私の場合は「最初の月の家賃だけ」で新しい生活をはじめることができました。この「初期費用が安い」というのはシェアハウスの大きなメリットですよね。

シェアハウスによっては、保証金として預かる場合や入居費用としていただくところなど様々ですが、通常の賃貸と比べて半額以下だと思います。敷金礼金、鍵交換代などの初期費用が非常に低く抑えられているわけです。 このように気軽に入居できるのはシェアハウスならでの強みですね。

さらに、初月家賃を無料するキャンペーンなどがある場合がありますのでそのタイミングで入ると、 本当に0円で入れる場合もあります。

気になるシェアハウスがあったら要チェックです!

住んでいるときに払うのは家賃だけ

入居中に支払うのは家賃だけになります。多くのシェアハウスが家賃の中に、電気代、ガス代、水道代、Wi-Fi代が含まれています(共益費として別途請求するところもあります)。

なので、賃貸のときのようにそれぞれ別々に自分で契約して支払う必要がありません。電気・ガス・ 水道・Wi-Fi を全部自分で契約するのはかんり面倒ですが、それが必要ないのでラクチンです。

また、同じ家屋を置くの人数で共有していますので、家賃自体もかなり安いです。光熱費とWi-Fi代がコミコミなのに、周辺の物件よりも家賃が安いんです。

例えば、私が住んでいたシェアハウスは38,000円です。その中には電気・ガス・ 水道・Wi-Fiが全て含まれています。一人暮らしだと、これらの家賃以外のインフラ費用は安くても15,000円は発生すると思います。

なので、実質家賃は23,000円です。私のシェアハウスは大阪のJR環状線沿線でした。一人暮らしのワンルームの家賃相場は60,000円くらいです。つまり、半額以下となります。「とにかく、お財布にやさしい」というのが、シェアハウスのメリットですよね。

退去費用はほとんど0円

シェアハウスの退去費用はほとんど0円です。通常の賃貸の場合は、違約金などの退去費用が発生することがあります。一般の賃貸契約では入居期間があり、その条件によっては家賃1ヶ月分の違約金が発生することもあります。引越ししようと思ったら、さらに料金が発生すると考えると億劫ですよね。

私が住んでいるシェアハウスは1ヶ月間に通知をすれば、違約金なしに退去することができました。よほどの破損・破壊をした場合は別途請求されてしますと思いますが、普通に過ごす分には退去費用はかからないと考えていいと思います。

とはいえ、契約期間が定められているときや、クリーニング代などが必要なことがあります。契約するときに確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シェアハウスはとにかく初期費用が賃貸と比べて、圧倒的に安いです。なので、貯金も減らさずに新しい生活を始めることができます。さらに、賃料についてもリーズナブルだから、余裕のある暮らしをはじめることができますね。

初期費用や家賃、退去費用は物件によって違いますので、必ずご確認のうえ、シェアハウス生活を楽しんでください。

関連記事

  1. 初めての一人暮らしにはシェアハウスがオススメ!シェアハウスに住む6つのメリット

  2. 40代でも住める?大阪の年齢制限なしシェアハウスを紹介!

  3. 大阪でおすすめの女性専用シェアハウス4選

  4. 大阪のおすすめシェアハウス30選[2022年最新版]

  5. シェアハウスはかなり安い!賃貸よりいくら安くなるかをご紹介

  6. シェアハウスの特徴や具体的なルールについて